ごあいさつ

このサイトについて

初めまして!

もうすぐ還暦を迎える、トドのような猫のような?オバサン「にゃんとど」と申します。

当ブログは、夫と結婚して30年になる私が夫のモラハラ気質と戦い改善していくことで、夫婦そろって穏やかで温かい老後を健康に過ごすことを目標に開設しました。

現在モラハラ関連ブログは数多く存在しますが、そのブログ主のほとんどは最終的には離婚を選択されています。
私自身もこれまで何度も離婚の二文字が頭をかすめました。

でも

もしかしたら夫は病気なのかもしれない。
病気なら治る可能性があるのではないか?
病気ではなくても、色々なアプローチをすることで今の状態が改善できるのではないか?
との希望を持っています。

なので、離婚は考えていません。

それに、私は、結婚するときに神父さんの前で

病めるときも健やかなるときも
富めるときも貧しきときも
夫として愛し敬い慈しむ

と誓いました。

なら、夫がどんなだろうと私がきっと治してみせる!
そして最後まで添い遂げようと決心したのです。
何よりまだ私は夫に愛情を持っているから。

おそらく、世の中にあふれる壮絶なモラハラ体験に比べたら、私の経験しているモラハラなんて大したことではないのかもしれません。
だから離婚せずに続けようなんて思えるんだというご意見もあるでしょう。
私自身もそうなのかな?とも思います。

それでも、私は私なりに苦しんできました。

ほんの些細なことでキレて暴言を吐く夫。
正直30年以上一緒に暮らしていても、私にはいまだに何が夫にとっての地雷なのかわからないのです。
毎日地雷原を走り回っている気分です。

運よく地雷を踏まずに済んだ日は、穏やかに眠りに就けます。
でも、うっかり地雷を踏んでしまった日は大変です。

夫は、いったんキレると延々と暴言を吐き、酷くなると物を投げ破壊します。
高価なものだろうと何だろうと見境なく放り投げたり叩きつけたり。
それで今までどれだけの家具が壊され家が傷つけられたことでしょう。

幸い私自身に手をあげることはないのですが、精神はズタズタに傷つけられます。

「だれのおかげで生活できていると思うんだ」
「気に入らないなら出て行け」
「オマエみたいなロクでもない女は見たことない」

今にも殴りかかってきそうな夫が怖くて、私は言い返す言葉もなくし黙り込んでしまいます。
そうすると夫は余計に激昂して「無視か!」と怒鳴るのです。

怒鳴られるたびに心臓がバクバクして涙があふれてきます。
こんな夫を見続けてきた娘は、大好きだったお父さんのことを今はとても嫌ってしまっています。

なんでこんなことになってしまったのか・・・。

結婚前、そして結婚後10年間ぐらいの間、夫は、少し怒りっぽくはあるけれど、まだごく普通の人でした。
金銭的には決して裕福ではなかったけれども、毎日楽しく生活し、家庭には笑いがありました。
夫婦仲もとても良かったと思います。

私が30代の頃、パートで働いていた職場にいたおばさん達が
「夫とは口もきかない」
「家庭内別居状態」
と口々に言うのを聞いて
「そんな夫婦は嫌だな。私はそんな風には絶対なりたくないな」
と他人事のように思っていたぐらいです。

夫に変化が現れだしたのは、40代半ば頃のことだったでしょうか。
当時夫が勤めていた会社は、世間的には大企業でしたが、実態はブラックでパワハラが横行するような体育会系の会社でした。
そんな中でも夫は家族を養うために朝早くから夜遅くまで懸命に働いていましたが、ある事をきっかけに一人の上司に目をつけられ、執拗なパワハラを受けるようになったのです。
その結果、夫は鬱病を発症して会社に行けなくなり、1年間の休職後別の会社に転職しました。

その頃から、夫のモラハラ的行動があらわれるようになったと思います。

今こうやって冷静に振り返ると、たぶん夫は元々気が小さいところがあり、自分に自信がないことを知られたくなくて虚栄を張るクセがあるのだと思います。
それが欝になり退職せざるを得なくなったことで、色々なことに
「負けた」
という気持ちがとても大きくなったのでしょう。

男性は一般的にプライドが高いですよね。
夫は自分の「負けた」姿を妻子に見られるのがとても辛かったのでしょう。

そこで奮起して「強い自分」「負けない自分」を目指して頑張ってくれればいいのですが、夫の場合はそうならずに
「他を下げることで自分を上げる」
行為に出るようになったと思われます。

つまり、自分より弱い立場の者を貶める、罵倒することで自分が大きく偉くなったように感じるのですね。
とてもみっともないし浅はかです。
でもきっと、今の夫はそうしないと自分が保てないのでしょう。

そういう意味で、夫はやはり一種の病気なのだと私は思っています。

こういう夫をどうすれば制御できるのか。
私はこのところ毎日色々試して研究しています。

このブログでは、そんな私の研究の日々を綴っていくつもりです。
そしていつか夫婦円満で楽しい家庭に戻れる日を夢見ています。

この私の拙い研究内容が、少しでも夫の暴言やモラハラで悩む方のお役に立てればとてもうれしく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました