むしろ日記のほうがアドセンス向きだと私は思います

アドセンス

こんにちは!還暦間近のへっぽこアフィリエイターにゃんとどです。

アドセンスの勉強をしてると、よく日記はダメって言われますよね?
でもそんなことないんじゃないかなって私は思います。

もちろん

「今日はいい天気でした。公園に散歩に行きました。鳩がいました。」

で終わりじゃ困りますけど、たとえば散歩に行った公園で「見たことのない花が咲いてた。あの花なんだろう」と思ったとしたら、写真を撮っておいて後で調べてそのことも付け足して書いてみるとか、鳩の話から派生して鳩のフン害の対策についてまとめてみるとか、色々書きようがあると思うんですよね。

ていうかですね

私個人の考えとしては、ただ単に「鳩とはウンタラカンタラで」みたいな第三者視点の記事よりも、書いた人の目線や考えが盛り込まれた記事のほうが臨場感があるし親しみやすくて読みやすいと思うんです。
そして、私なら「この人いいな」と思ったら、その記事以外の記事も読んでみたくなります。
あなたもそういうことありませんか?

つまり、日記のような記事でも、うまくやればブログの滞在時間を伸ばすことができると思うんですよ。
しかも親近感を持ってもらえたり、もっとうまくいけばあなたのブログのファンになってもらったりできるかもしれないんです。

だから私は

日記でもいい

からもう一歩踏み込んで

むしろ日記がいい

と思ってるんです。

日記ならそれほど気負わず負担に思わず続けられる人もいると思います。
それこそ、しんどい時は3行でもいいんですよ。
後からいくらでもふくらますことができますし。

とにかく、色んな教材を見ていてほんと思います。

なんでそんな縛るようなことばっかり言うんだろうって。
あれはダメこれはダメ。
なのに「1日1記事書きましょう」とか。

無理ですよそんなの。

もっと自由に書いていいと思うんですよね、私は。
だって自分のブログですよね?
好きに書けばいいじゃないですか。

そして、そんなふうに思うまま書いているだけでも、あとから確認したら思わぬキーワードが拾えたりすることってあると思うんですよね。
つまり「種はまけばまくほどいい」と思うわけですよ。

読む人ってふつうに生活をしている人です。
だから書く側も「ふつうの生活」で出てきたネタを書けばいいんですよ。

日記でもまったく問題なし

だとへっぽこな私は開き直って書いてます。

そして、色んな束縛から逃れた自由な記事のほうが、圧倒的に反応いいのが面白いです(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました